今回は、YouTubeのアカウントを作成し、動画をアップする方法を解説した動画講義となります。

 

 

YouTubeに動画をアップロードしておけば、「集客」にもなりますし、「ブランド化」もしやすいので、メリットが満載です。

 

(ちなみに、YouTubeは月間15億人以上の視聴者がいると言われています。)

 

 

必ず、最初のうちにYouTubeアカウントを用意しておきましょう。

 

それでは、動画をご視聴下さい。

 

YouTube戦略

こんにちは、児玉です。

 

これからの時代性にあったマーケティングを仕掛けていくのであれば、動画を取り入れていくのは必須です。

 

 

なぜなら、現代人は文章を読める人が少ないからです。

 

もちろん、ネットビジネスの成功には、文章を書く力、すなわちライティングスキルは必須スキルです。

 

 

しかし、昨今の若者や忙しい現代人にとって、なかなか腰を据えて文章を読む時間がないという事も、無視できない部分な訳ですね。

 

 

情報発信のみならず、いかにして「自分自身のメッセージ」や、「商品の魅力を伝えていくか?」という事は、ネットビジネスで成功する為の「肝」となって来る訳です。

 

どれだけ素晴らしいライティングスキルがあっても、熱いメッセージを投げかけても、それが見込み客に届かないのであれば、無価値に等しいのです。

 

 

では、「どうやって見込み客に自身の主張を伝えていくのか?」そこを考えた時に、映像や音声を使ったマーケティング戦略が、最も有効な手段の一つな訳ですね。

 

 

動画最強説

 

ライティングスキルというのは、文章を書く量によって、どんどん上手くなっていきます。

 

特に、文章で自分のメッセージを伝えたり、わかりやすく説明する事は、非常に難しいのです。

 

 

ましてや、ネットビジネスに取り組むほとんどの人が、文章を書くという事には慣れていないはずですので、独りよがりの文章を書きがちです。

 

その結果、読まれず、反応も取れず、どんどん自信をなくしていってしまう。

 

こんな、負の連鎖に陥りがちな訳ですね。

 

 

とはいっても、ライティングスキルというのは、一朝一夕で身につくものではないので、苦しい時期でもコツコツと継続していく以外に方法はないものです。

 

 

一方で、「声で主張を伝える」という事は、誰もが一般的に行える事です。

 

 

人に何かを説明したり、自分の思いを伝えた事がない人など、いませんよね?

 

 

つまり、文章で伝えるのが難しいのであれば、喋ってしまえば良い訳です。

 

 

それに、動画を有効的に使えば、「時間的自由」さえも手に入ってしまいます。

 

 

例えばですが、「ワードプレスの使い方」なんて、文章のみで説明するのは非常に難しいですよね?

 

 

なので、Skypeなどで動画キャプチャを撮って教えてあげるとわかりやすい訳なのですが、同じ質問に10回も20回も答えるのって、面倒じゃないですか?

 

一回教えるのが5分だとして、10人に教えれば50分です。

 

 

で、あれば、30分かけて1本動画を撮って用意しておけば、あとは「この動画を見てくださいね!」とURLを用意しておけば、自分は何もしなくても良い訳ですから、よっぽど楽じゃないですか?

 

 

このようにして、たくさん動画を撮れば撮るほど、過去の自分の分身が24時間365日フル稼働で働いてくれる訳なのです。

 

 

動画を撮るのは、「めんどくさい」とか、「敷居が高い」と思うかもしれませんが、一度撮ってしまえばそれは資産となり、どんどん楽になっていく訳ですね。

 

 

さらに、「声」や「話し方」というのは、その人の人間性を表す重要な要素です。

 

 

なので、ここで好感が持たれるようであれば、その後の文章も読まれやすくなる訳ですから、一石二鳥ですよね。

 

 

動画もライティングと同じように、話せば話すほど、どんどん上手くなっていきますので、ドンドン挑戦していきましょう。

 

 

P.S

 

「YouTubeに動画をアップするなんて恥ずかしくて出来ないよ・・」

 

「喋るのが苦手だから、動画なんて無理!」

 

 

あなたも、もしかするとこのように思っているかもしれませんね。

 

 

実は、僕はネットビジネスを始めてから、思うように稼げない時期があったのですが、その時期は上記のような事を考えていましたし、動画を避けていました。

 

 

しかし、やってみて思うのは、「意外と簡単じゃん!」って事ですね。笑

 

最初は、恥ずかしいとか思う気持ちもわかりますが、意外に視聴者はそんな事気にしてませんよ。笑

 

 

むしろ、めちゃくちゃ話すのが上手な人より、一生懸命上手く伝えようとしている、人の方が好感が持てますね。

 

 

噛んじゃったり、詰まったりしても、動画編集ソフトを使ってカットしたり、その部分だけを取り直せば良いだけなので、実際にやってみると、意外と簡単に思えると思いますよ。

 

 

動画を撮ることに慣れると、むしろ、文章を書く方が面倒になってくるくらいです。笑

 

 

臆することなく、頑張っていきましょうね!

 

 

児玉