今回は、一貫性を解説した動画講義となります。

 

それでは、動画をご視聴下さい。

 

 

エゴはあって当然

 

あなたは、自分のことを否定されると嫌ですか?

 

 

僕は、めちゃくちゃ嫌です。

 

 

たとえそれが自分のためだと解ってはいても、自分の行動を批判されると嫌な気分になります。

 

 

このような、自分の行動を正しいと思いたい性質を、「一貫性の法則」と言います。

 

 

例えば、モノを捨てられない人。

 

 

普通1年も2年も着ていない服とか靴って、もう二度と着ないじゃないですか?

 

 

でも一度お金を払って買ったものだから、どうしても捨てる事には抵抗がありますよね。

 

 

「いつか使えるかもしれないし、不要なものを買ったと思いたくない」

 

 

こんな心理が邪魔をして、どんどん不要なモノで溢れかえっていく訳ですね。

 

 

あるいは、古いノウハウや昔の成功体験を捨てられず、しがみついている人も同じです。

 

 

頭の固い会社役員なんかは、時代の流れを受け入れようとせず、根性論とかでばかりモノを言ってきますよね。

 

 

あれも同じで、「自分の信念や発言したことを変えたくない!」っていう一貫性が働いているのです。

 

 

一度自分で「やる!」と決めたことを覆すのは世間一般的にみても褒められるモノではありませんし、ひたむきな努力が美しいと認識されるのも納得できる事ですよね。

 

 

このような、「一途な思いを貫きたい!」っていう心理を利用したテクニックが「フットインザドア」という心理テクニックになります。

 

 

小さなYESを積み重ねる

 

フットインザドアテクニックは、小さなYESから徐々に本題に近づけていき、最後に本命のYESを勝ち取ることを目的としたテクニックです。

 

 

またの名を、段階的説得法とも言います。

 

 

例えば、「100万円稼ぐノウハウ」なんて本来は誰でも知りたいに決まってるじゃないですか?

 

 

本当に100万円稼げるのであれば、50万円出してでも知りたいのは当然のことですよね。

 

 

しかし、いきなり見知らぬ人から「100万円稼ぐ方法を50万円で買わない!?」って言われても、なかなか人はYESとは言いません。

 

 

なぜなら、怪しいと思う感情の方が強いし、そもそも信用していないからです。

 

 

そこで、今から話す流れを見てみて下さい。

 

 

〜ここから〜

 

 

会社員のあなたへ。

 

 

今日もお勤めお疲れ様です。

 

 

疲れた体にキンキンに冷えたビールを注ぎ込み、リラックスした状態でこの手紙を読んで下さい。

 

 

今の会社での仕事内容や、お給料には満足していますか?

 

 

毎朝満員電車に揺られ、厳しいノルマや人間関係にも負けず、無事一日を乗り越えた今のあなたには、達成感で満ち溢れていることでしょう。

 

 

しかし、このまま定年退職する時期まで一生同じことの繰り返しで、寿命をお金に変えているという現状に何処と無く「違和感」を感じているのではないでしょうか?

 

 

ましてやこの不安定なご時世ですから、いきなりのリストラやボーナスカット、事故や病気などを含め、少なからず将来に対する不安もあるのではないでしょうか。

 

 

ここで、想像してみて下さい。

 

 

あなたの今のお給料にプラスして、毎月20万円がプラスされたら、すごく楽ではありませんか?

 

 

20万円増えただけでは、何不自由ない生活とはほど遠いかもしれませんが、かなり生活の質は上がるはずですよね。

 

 

では、毎月50万円プラスされたらどうでしょうか。

 

 

今のお給料にプラスして、大手企業の役員レベルの収入が入ってくる訳ですから、かなり自由度は高まるのではないでしょうか?

 

 

「お給料」という概念に縛られず、毎日定時上がりで帰宅できる仕事に転職すれば、家族との時間や自分の趣味に使える時間が捻出できますよね。

 

 

しかも、「今と同じかそれ以上の経済的安定が担保された状態で」ですよ。

 

 

ここまでくると、かなり人生にも幅が広がり、幸福度は増しますよね。

 

 

それでは、毎月100万円がプラスされたとしたら、、、?

 

 

もう言うまでもありませんよね。

 

 

「人生こそが本業。会社は暇つぶし。」

 

 

こんな夢にまで見た理想の世界が現実となり、人生を第一優先にした生活が送れるはずです。

 

 

そして、こんな未来は決して夢物語ではないのです。

 

 

私の持つ「100万円稼ぐノウハウ」は、こんな夢物語を現実のものとすることができてしまいます。

 

 

とは言っても、なかなか信じることはできませんよね。

 

 

そんなあなたの為に、このノウハウの一部を「無料で」公開させて頂くことに決めました。

 

 

ただし、無料で公開するのは本日限りです。

 

 

後にも先にも、あなたが無料で手に入れるチャンスは二度と訪れないでしょう。

 

 

夢を夢のまま終わらせるのか。

 

夢を現実のものとし、人生を謳歌していくのか。

 

 

もしあなたが、後者の選択をするのであれば、今すぐこちらのリンクをクリックし、真相を確かめて下さい。

 

 

→ URLリンク

 

 

(そして無料講座が終了した後、50万円の本講座へのオファーがかかる)

 

 

〜ここまで〜

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

ここでのポイントは、

 

①、20万円から100万円(本題)へとシフト

 

②、さらに無料と低いハードルを設定

 

③、実際に目で見てから選べる

 

 

このような、段階で設定し、会社員の方にとっては、非常にYESを得られやすい構成にしている訳ですが、

 

少なくとも「無料で100万円稼ぐ方法教えます!」と言われるよりも、すんなり申し込みリンクまで辿り着きやすいかと思います。

 

 

このようにして、徐々に徐々に本題に近づけていくようなオファーを投げかけることで、一貫性の心理に基づいたオファーとなっていくのです。

 

 

これをさらに応用したのが、「フロントエンド戦略」です。

 

 

安いものでもいいので、まずは買ってもらう

 

フロントエンド商品とは、誰もが手を出しやすいような比較的安い金額に設定された商品で、

 

本来売りたい商品を売るための布石として利用されます。

 

 

いくらでも良いので、安い商品を「自分の意思で」買ってもらうことによって、「自分の選択を正しいと思いたい心理」が働きます。

 

 

つまり、同じ人の商品を二度、三度とリピートして購入することで、選択肢を自分一本に絞ってゆくのです。

 

 

ここでのポイントは、安い商品だからと言って手を抜かない事です。

 

 

例えば、今までトヨタの車に乗っていて、満足していた人であれば、次もトヨタの車を買いたいと思うのは当然ですよね?

 

 

しかし、それが故障ばかりで最悪だったら、二度とトヨタの車を買いたいとは思わないはずです。

 

 

なので、フロントエンド商品は安いのにも関わらず、良い意味で価格破壊が起きているレベルを用意し、十二分に満足してもらう必要があるのです。

 

 

「安いから適当でいーや!」なんてのは論外で、むしろフロント商品にこそこだわるべきなのは言うまでもありませんね。

 

 

 

無料で一貫性を刺激する

 

有料のものを買ってもらうよりは、はるかに効果は落ちるのですが、無料で一貫性を刺激する戦略もあります。

 

 

それが、アンケートやコメントを促すと言う仕掛けです。

 

 

自分の意思でコメントをしたり、アンケート促すことで、小さなYESをとっていく。

 

すると、次のオファーに対してもYESを引き出しやすいと言うわけですね。

 

 

「予約をとる」なんかも同じですね。

 

 

美容院などで良く活用されているのですが、髪を切ってもらた帰りのレジで、一ヶ月後の予約を促します。

 

 

そして予約の日が近づいてくると、確認の電話が入ります。

 

 

すると、「自分が一度予約したんだから、断り辛いよなー」という一貫性の心理が働くのです。

 

 

このように戦略的にYESをもらう仕掛けを何個も用意しておくと、いざという時のオファーが刺さりやすいので、ぜひ工夫されてみて下さいね。

 

 

それでは、今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。