今回は、メルマガの到達率を上げるコツを解説した動画講義となります。

 

それでは、動画をご視聴下さい。

 

10%の脅威

こんにちは、児玉です。

 

あなたは、

 

「メルマガ配信スタンドなんてどこも同じでしょ?」

 

「メールの到達率なんて大して重要じゃない」

 

 

なんて思っていませんか?

 

 

メールの到達率は、メルマガを使って稼いでいくのであれば、

 

最もこだわらなければいけない重要な要素です。

 

 

例えば、

 

メルマガ読者が1000人いて、2万円の商品を販売するとします。

 

そのうちの10%にメールが届かなかったとすると、

 

最大で200万円もの損失になるのです。

 

(100人 × 2万円 = 200万円)

 

 

月々にたった数千円をけちったり、

 

少しの工夫をしないだけで、こんなに大きな差になるのですから、

 

メールの到達率は決してバカにはできないはずですよね。

 

 

また、メールは基本的に届いていない

 

と考えて下さい。

 

 

実際に、僕が登録したメルマガもほとんど届いていませんし、

 

登録直後の自動返信メールすら、迷惑メールボックスに

 

ぶち込まれていますからね。

 

 

では、なぜメールが届かないのか?

 

という事ですが、その理由は大きく分けて2つです。

 

 

①、受信者から迷惑メール通知されている

 

②、送り元サーバーが迷惑サーバーと認識されている

 

 

どれくらいの割合で迷惑メール通知をされたらアウトなのか?

 

という明確な基準はわかりませんが、

 

「迷惑メール一回につき1ポイント」として、

 

積み重なっていき、ある一定の基準値に達すると迷惑メール判定を受ける

 

というイメージでしょう。

 

 

また、GmailやYahooのメールアドレスで登録してもらった読者へは、

 

届きにくいという特徴があるそうです。

 

 

理由は恐らく、YahooやGmail独自のフィルターがあって、

 

迷惑メール判定の基準が厳しいのだと思います。

 

 

そして、メールの開封率が下がっていくにつれて、

 

今度はメールを送っている大元のサーバー(メルマガ配信スタンドのサーバー)が

 

スパム判定を受けやすくなってしまい、

 

メールが届かなくなるという事ですね。

 

 

 

 

それでは、4つの代表的な迷惑メール対策を見ていきましょう。

 

 

独自サーバーのメルマガ配信スタンドを使う

まず、メールを到達りつに最も大きな影響を与えるのが

 

メルマガ配信スタンドです。

 

 

本気で稼ぎたいのであれば、メルマガ配信スタンドは

 

独自サーバーのものを使うようにして下さい。

 

 

月々3000円程度で契約できるメルマガ配信スタンドの多くは、

 

共有サーバーを使っています。

 

 

この「共有サーバーとは?」

 

という事ですが、その名の通り、

 

不特定多数の利用者で、共有して使っているサーバーのことです。

 

 

同じ部屋に、見知らぬ人と同居しているイメージですね。

 

 

 

例えば、

 

あなたがルールを守り、迷惑メール判定を受けないように気をつけていたとしても、

 

他の利用者に、スパムメールを送りまくっているような輩がいるとすると、

 

あなたも仲間だと思われてしまい、同じようにスパムメールを送っていると

 

判断されてしまうのです。

 

 

一方で、独自サーバーの場合は、その名の通り、

 

あなた独自の部屋を持てるということです。

 

 

なので、あなたがルールを守り、

 

正しくメルマガ配信を行っていれば、

 

他人に巻き込まれることがなくなるので、

 

当然メールの到達率は、格段に上がるという訳です。

 

 

独自サーバーのメルマガ配信スタンドは、

 

MyASPのスタンダードプランがおすすめです。

 

 

月1万円程度と、共有サーバーに比べると少し値段は上がりますが、

 

冒頭で挙げたような損失を考えると、いかに安い投資かがわかりますよね。

 

必ず、独自サーバーを使いましょう。

 

 

 

エロ、死、犯罪的な件名は避ける

 

エロ、死、犯罪的なキーワードを直接的に使うと、

 

迷惑メール判定を受けやすくなります。

 

 

GDTの法則からも、反社会性は上手く活用していきたい要素ですが、

 

メールの件名への使用は辞めておきましょう。

 

 

例えば、反社会的なキーワードを「〇〇」と隠すとか、

 

もっと抽象度を上げた表現にするなど、工夫をして見て下さい。

 

 

まぁ、エロとか死を連想するようなキーワードを

 

件名に含んだところで、怪しいと思いますから、

 

そもそも使わない方が良いですね。

 

 

短縮URLを使う

 

長いURL付きのメールも、迷惑メール判定を受けやすいです。

 

できるだけURL付きのメールは送らないに越したことがないのですが、

 

動画や音声で解説したい時ってありますよね。

 

 

そんな時は、短縮URLツールを使いましょう。

 

 

短縮URLを使うことで、長いURLをシンプル化できたり、

 

後から中身を別のリンクにすり替える事も出来るので、

 

すごく便利です。

 

 

しかし、この短縮URLツーつは、必ず有料のものを使いましょう。

 

無料で使用できる短縮URLツールもあるのですが、

 

無料のものは、アクセスできないとかのトラブルがザラにあります。

 

 

それに気づかずにバンバンメールを流していると、

 

当然メールも読まれなくなってしまいますからね。

 

 

僕は、短縮URLのツールは、

 

LinkShaker というツールを使っています。

 

 

使い方も非常にシンプルで、編集や管理も簡単なので、

 

非常にオススメですよ。

 

 

個別受信設定を促す

どんな迷惑メール対策のテクニックよりも、

 

これが一番確実です。

 

 

この設定さえしてもらえれば、

 

100%メールが届くようになりますからね。

 

 

なので、必ず個別設定を促す工夫を施していきましょう。

 

 

しかし、この方法は

 

読者が自分自身で設定する必要があるので、

 

少しハードルは上がります。

 

 

そのため、読者に委ねるのではなく、

 

発信者側の工夫が絶対に必要ですね。

 

 

今日お話しした内容を実践するだけでも、

 

かなり到達率は上がります。

 

 

すでにそれなりのリスト数を持たれているのであれば、

 

毎月数十万円の売り上げが上がるかもしませんよ!

 

 

ぜひ、試して見て下さい!