今回は、メルマガ配信スタンド、MyASPを解説した動画講義となります。

 

それでは、動画をご視聴下さい。

 

メルマガ配信スタンドには、こだわろう!

 

こんにちは、児玉です。

 

メルマガを使ったリストマーケティングで稼ぐためには、

 

メルマガ配信スタンドに登録する必要があります。

 

 

メルマガ配信スタンドは、

 

読者管理に必要なのはもちろんの事、

 

ステップメールを組む為にも必須です。

 

 

メルマガ配信スタンドは、探せば色々あるのですが、

 

選ぶ基準としては、

 

  • メールの到達率
  • シナリオ数の上限
  • 読者数の上限

 

これらは、最低限意識して選ぶようにしましょう。

 

特に、メールの到達率は、最も気を使いましょう。

 

 

メルマガを使ったビジネスを成果を上げる為には、

 

そもそも送るメールが届かなければ意味がありません。

 

 

例えば、1000人のメルマガ読者がいるとすれば、

 

たった5%到達率が下がるだけでも、50人にメールが届かない事になります。

 

 

2万円の商品を販売するとして、

 

50人にメールが届かなければ、

 

それだけでも最大100万円の損失となるわけです。

 

 

メルマガ読者数が、2000人、3000人と増えていくにつれて、

 

その損失は何倍にも膨れ上がってしまいます。

 

 

たった数千円の違いで、何百万単位の損失になるリスクを考えれば、

 

メルマガ配信スタンドの契約料金をケチる事が、

 

どれだけ愚かな事かがわかりますよね。

 

 

なので、多少金額は高くても、可能な限り良いメルマガ配信スタンドを使いましょう。

 

 

多数のメルマガ配信スタンドの中でも僕が一押しするのは、

 

MyASP(マイスピー)というメルマガ配信スタンドです。

 

 

特に、マイスピーは、

 

ビギナープランとスタンダードプランのどちらにするかで分かれると思いますが、

 

本気で稼ぎたいのであれば、迷いなくスタンダードプランを使いましょう。

 

 

ビギナープランとスタンダードプランの大きな違いは2つで、

 

①、共有サーバーと独自サーバー

 

②、独自ASPが持てるかどうか

 

これらの違いがあります。

 

 

ビギナープランも、機能性や金額面で考えるとすごくオススメなのですが、

 

共有サーバーを使用しているので、メールの到達率という点では、

 

他のメルマガ配信スタンドとあまり変わらないでしょう。

 

 

(共有サーバーと独自サーバーの違いは、「メルマガの到達率を上げる方法」をご覧ください。)

 

 

一方で、スタンダードプランの場合は、独自サーバーが用意されているので、

 

メールの到達率は段違いです。

 

 

人によっては、メルマガ配信スタンドを、マイスピーのスタンダードプランに変えるだけでも、

 

稼げる金額に大きな差となるでしょう。

 

 

あとは、②、独自ASPが持てるかどうか

 

これも、非常に大きな差ですね。

 

 

独自ASPを持てば、独自の商品を販売する際に、

 

アフィリエイターを募集する事ができたり、

 

無料オファーを仕掛けることもできます。

 

 

この機能は中級者以上の方が利用する機能ですが、

 

遅かれ早かれ、いずれは必ず必要となる機能です。

 

 

その時に、メルマガ配信スタンドを引っ越して、

 

一から使い方を覚えるくらいでしたら、

 

最初からMyASPを利用していた方が良いですよね。

 

 

全くの0ベースで、まだ仕組みが完成していないうちは、

 

ビギナープランでも十分ですが、

 

メルマガ読者が50人、100人となってくれば、

 

必ずスタンダードプランに乗り換えていきましょう。

 

 

 

ちなみに、

 

スタンダードプランとビギナープランは、両方契約することも可能です。

 

(僕は、両方契約しています。)

 

 

ビギナープランも利用している理由については、ここでは公にする事ができないので、

 

直接僕にメールかSkypeで問い合わせてくださいね。

 

 

児玉