今回は、4つのNOTを解説した動画講義となります。

 

それでは、動画をご視聴下さい。

 

 

販売者を悩ませる4つの壁

ただ沢山文章を書けば、商品が売れる。

 

 

そんな風に思っていませんか?

 

 

実際のところは、そんなに甘いものではありません。

 

 

1年間毎日ブログやメルマガを書いているのに、ほとんど稼げないという人も、実は多いのです。

 

 

その理由は、これからお話しする「4つの壁」を乗り越えられない事が原因です。

 

 

4つの壁とは、見込み客が潜在的に抱える心理のことで、以下の4つから成り立ちます。

 

 

  1. Not Click
  2. Not Read
  3. Not Believe
  4. Not  Act

 

 

 

これら4つの心理障壁を乗り越えていかなければ、成約に結びつく事はありません。

 

 

それでは、これらの壁がどういう意味を持つのかを解説していきます。

 

 

 

Not Click

 

まず一つ目の壁は、クリックしない(開かない)事です。

 

 

いくらブログを書こうが、メルマガを書こうが、セールスレターを書こうが、見込み客は全く開いてくれません。

 

 

ネット上には、あなた以外にも沢山のライバルが、同じように記事を書いていたり、メルマガを書いたりしています。

 

 

あなただけの情報を受け取っている訳ではないのです。

 

 

無限に溢れる情報源を一つ一つクリックしていては、人生がいくらあっても足りませんよね。

 

 

なので基本的に、自分が発信する情報は全てスルーされていると思った方が良いです。

 

 

クリック解析ツールを使えば、アクセスに対してどれくらいクリックされているのかを図る事ができるのですが、最初のうちはデータを見る度に憂鬱な気分になるはずです。

 

 

これは言い換えると、あなたがどれだけ良い事を書こうが、価値ある情報を書こうが、無価値なのです。

 

 

 

なので、情報発信者が一番初めに意識すべきなのは、クリックさせる(開かせる)事です。

 

 

ここに全力を注ぐ必要があります。

 

 

中身を見ていない人が、中身を見るかどうか判断する要素。

 

 

それは、タイトルや件名ですよね。

 

 

思わずクリックしたくなるような、タイトルや件名を決める事が、最も重要なのです。

 

 

 

Not Read

 

魅力的なタイトル(件名)でクリックさせる事に成功したとしても、まだ喜ぶのは早いです。

 

 

次に待ち受ける試練の壁。

 

それは、「読まれない」という壁です。

 

 

セールスレターやブログ、メルマガ等で情報発信したとしても、全てを読んでいる人はほとんどいません。

 

 

せいぜい2、3スクロールで流し読みをしてページを閉じるでしょう。

 

 

つまり、読まれる前提で文章を書いていはいけないのです。

 

 

価値ある内容や面白い文章を書く事も重要ですが、それ以前に読み進めたくなるような工夫が必要です。

 

 

読まれる工夫については、別の記事で詳しく解説しているのでここでは省略しますが、そもそも自分の書く文章は「読まれていない」と認識しておきましょう。

 

 

 

Not Believe

読まれる工夫を施し、最後まで読んでもらう事に成功した。

 

 

しかし、あなたの言う事には耳を傾けません。

 

 

なぜなら、見込み客はあなたの事をまだ「信用していない」からです。

 

 

「へー。ふーん。」と思っているだけで、静かに傍観しているだけなのです。

 

 

そんな読者に対して、いくら熱いメッセージを投げかけたところで、何にも反応は生まれないのです。

 

 

考えても見てください。

 

 

あなたも、見知らぬ人からいきなり儲け話を切り出されたり、熱い思いを話されても信じる気にはなれませんよね?

 

 

それが、あなたの尊敬する先輩や信用できる仲間からの声だったらどうでしょうか?

 

 

少なからず、前者よりもはるかに受け入れる可能性は高いはずです。

 

 

これは、ネット上ではもっと顕著に現れます。

 

 

なぜなら、ネット上ではリアルとは違い、販売者の顔や声など不透明な部分が多いからです。

 

 

信用できない見知らぬ人に対して、何万円もの大金を払おうと思わないですよね?

 

 

ましてや、「この人なんか怪しい」と思われている段階でセールスを仕掛けたところで、お金を払う人などいるはずもありませんよね。

 

 

なので、自分を信じさせる仕掛けを施していく必要があるのです。

 

 

しかし、ここまでくれば少なくとも、あなたの文章に引き込まれる何かを感じているはずなので、自信を持って大丈夫です。

 

 

恐れる事なく、次のステップに進んでいきましょう。

 

 

Not Act

 

Not Believeの壁まで乗り越えれば、ゴールはもうすぐです。

 

 

しかし、決して油断してはいけません。

 

4つのNotの最後の壁。

 

 

それは、「行動しない」という壁です。

 

 

見込み客は、こちらの望む行動を全くと言っていいほど取ってくれません。

 

 

こちらの望む行動というのは、

 

商品を買ってもらう事や、メルマガに登録してもらう事などですね。

 

 

最後の一押しの部分こそ、丁寧に戦略的に進めていく事が重要です。

 

 

「詰め」が甘いと、ここまでの努力が水の泡となってしまいます。

 

しっかりと、行動させるための準備と工夫を仕掛けていきましょう。

 

 

 

 

 

 

P.S

 

今回お話しした、4つの壁は文章を書く上でのマインドセットとしても、非常に重要な考え方です。

 

 

これらの4つは、どれか一つでも欠けていてはいけません。

 

 

すべての壁を乗り越えて、やっと成約に辿り着くと考えて下さい。

 

 

 

これらの障壁を乗り越える方法は僕が丁寧に教えていくので、安心して下さい。

 

 

「こんなに沢山あるなんて難しいし、自分には無理だよ・・」

 

 

なんて悲観的に考えずに、一つ一つ乗り越えていきましょうね。

 

 

それでは、今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。