今回は、3つのONEを解説した動画講義となります。

 

それでは、動画をご視聴下さい。

 

 

3つのONE

最も読まれない文章とは何かを、ご存知でしょうか?

 

 

最も読まれない文章。

 

 

それは、「何が言いたいのかわからない文章」です。

 

 

特に初期段階でやってしまいがちなのが、あれこれと詰め込みすぎてしまう事です。

 

 

せっかく良い文章なのに、いまいちピンとこなかったり、筆者の意図がわからなかったりする文章って結構あります。

 

 

SEO(検索エンジン)を意識すると、1記事1000〜3000文字程度書いた方が良いと言われていますので、多くの人は「長い文章」が良い文章だと思っています。

 

 

確かに上位表示されている文章の多くは長い文章が多いですし、キーワードに引っかかりやすかったりするので、検索エンジン的には有利かもしれません。

 

 

しかし、僕らが文章を書くのはGoogleやYahoo!に対してではありません。

 

読者(見込み客)に対して文章を綴るのです。

 

 

もっと言うと、どれだけアクセスが集まろうが、読まれない文章をいくら綴ったところで、無価値なのです。

 

 

たくさん文章を書いていく上で、自然と長い文章が書けるようになってきますので、最初のうちは長い文章にこだわる必要はありません。

 

 

短くても良いので、ハッキリと主張が伝わり、最後まで読んでもらえる文章を書く事を意識しましょう。

 

 

そこで今回は、読まれる文章を書く為の三つの基本事項を解説していきます。

 

 

三つの基本事項とは、以下の3つです。

 

 

One Market:一つの市場

 

One Message:一つのメッセージ

 

One Outcome:一つの出口

 

 

それでは、詳しく解説していきます。

 

 

One Market

 

文章を綴る際には、一人に向けて書くように心がけて下さい。

 

 

間違っても、「皆さん」というような言葉を使わない事。

 

 

「あなた」もしくは「名前」で呼びかけていきます。

 

 

これは、「あなたに向けて書いているんですよ!」と読み手に認識させる為です。

 

 

中学生時代の全校集会をイメージして下さい。

 

 

校長先生が何やら熱弁してるけど、まぁ耳に入ってきませんよね。

 

 

理由は、大勢に向けて話しているので「自分とは関係ない」と思うからですよね。

 

 

それが、「赤い服を聞いてるあなた!あなたのために言ってるんですよ!」

 

 

突然、校長先生がこのように言えば、赤い服を着ている人は全員「え、俺(私)!?」となって顔を上げるはずです。

 

 

文章を書く時も同じ事で、「皆さん」という言葉を使うと、読み手が傍観者になってしまいます。

 

 

なので、読まれなくなるのです。

 

 

だから、「あなた」と一人称で文章を書く必要がある訳ですね。

 

 

そして、どんな人に向けて書くのかを意識して下さい。

 

 

例えば、ダイエットの情報を発信するのであれば、ダイエットに興味がある人に向けて文章を書くのです。

 

 

セールスレターに関して言えば、ダイエットに興味がない見込み客は、一瞬でページを閉じるくらいで大丈夫です。

 

 

変に色んな属性をターゲットにすると、結果的に誰にも響かない文章になってしまいます。

 

 

なので、セールスレターを書く際には必ず属性を一つに絞りましょう。

 

 

ブログやメルマガも、基本的には同じです。

 

 

この記事(メール)はどんな人に、何を伝えたいのか?という事を意識して書くようにして下さい。

 

 

 

例えば、ブランディングを感じさせたいのか?

 

ノウハウを教えたいのか?

 

メルマガに登録して欲しいのか?

 

 

こんな事を考えながら、文章を綴っていくのです。

 

 

「書き手」が目的をわからずに書いているようでしたら、「読み手」にも絶対に伝わりませんからね。

 

 

One Message

 

一つの記事で伝えたいメッセージ(主張)を一つに絞ってください。

 

 

 

基本的に読者は、一度読んだ記事の内容など覚えていません。

 

 

「良い話だったなー」

 

とは思っても、内容を完璧に説明できる人など、よっぽど特殊な人種の人です。

 

 

なので、たった一つだけでいいので、読者の心に残る文章を書いていくのです。

 

 

特に初心者にオススメなのは、記事を書く前に伝えたい事を一つ、先に決めてしまう事です。

 

 

そして、その主張を裏付ける理由を何度も繰り返し述べていく事で、一つの記事を構成していく。

 

こうすれば、軸がぶれる事なく、主張を伝える事ができます。

 

 

少なくとも、書いている途中で「あれ?何が言いたかったんだっけ?」と着地点を見失う事はなくなるはずです。

 

 

あなたが、まだ文章を書くことに慣れていない状態でしたら、ぜひ試してみて下さい。

 

 

 

One Outcome

 

文章の最後には、読み手にとって欲しい行動を必ず言葉で促して下さい。

 

 

セールスレターであれば、目的は紛れもなく「申し込みリンクをクリックし、購入してもらうこと」ですよね?

 

 

であれば、「こちらをクリックして、今すぐ購入して下さい!」

 

とストレートに言葉にして指示するのです。

 

 

「嫌われるんじゃないか?」と不安になってしまい、最後に言葉を濁したり、回りくどい表現を使う人がいますが、それは間違いです。

 

 

なぜなら、申し込みリンクにまで辿り付いているという事は、少なからず悩んでいる状態だからです。

 

全く興味のない人でしたら、そこに来る前にページを閉じているはずですからね。

 

 

そこまで来ている段階の人には、自信を持って行動を促しましょう。

 

 

リアルの世界でも同じですが、最後の押しが弱いが為に損をしている人は非常に多いです。

 

 

「買って下さい!」の一言が言えないが為に、本来購入してくれたであろう見込み客を取りこぼしてしまうのは、非常にもったいないです。

 

 

基本的に多くの人は「受け身」なので、こちらが意図する行動は、明確に言葉にしなければとってくれません。

 

 

もしくは、読者が「何をして欲しいのか?」を理解していません。

 

 

なので、とって欲しい行動は明確に「言葉で」指示しましょう。

 

 

そして、必ず一つの選択肢に絞る(出口を一つだけ用意する)事が重要です。

 

 

これは、コピーライティングの鉄則です。

 

 

例えば、地球上にあなたと一人の女性(男性)しかいなければ、その相手を選ぶしかありませんよね?

 

 

一方で、あなた一人に対して、たくさんの異性(選択肢)があると当然選ぶのは難しくなるはずです。

 

 

これと同じで、選択肢が複数あると、人は迷います。

 

 

「人は、迷ったら「NO」と言う」と言われているように、読み手を迷わせる選択肢を与えてはいけないのです。

 

 

つまり、商品を購入して欲しいのであれば、それ以外の不要なものは全て排除させて下さい。

 

 

例えば、関係ないブログ記事や外部サイトへのリンク等ですね。

 

 

あなたの目的が、そのリンク先へ飛ばす事なのであれば良いですが、そうでないのであれば絶対に貼らないようにしましょう。

 

インターネットユーザーの特性上、基本的に一度その場所から離れてしまった読者は、二度と同じ場所には戻って来ません。

 

 

なので、無駄な選択肢を与えないと言う事は、頭に叩き込んでおきましょう。

 

 

 

P.S

 

今回の内容は、コピーライティングを実践する上での超基本事項です。

 

 

何度も繰り返して見て頂き、腑に落とすようにして下さいね。

 

 

それでは、今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。