今回は、独自特典の考え方についてを解説した動画講義となります。

 

それでは、動画をご視聴下さい。

 

独自特典を量産するためには?

 

こんにちは、児玉です。

 

独自特典を作る際の考え方ですが、必ずメイン商品と関連性があるものを特典とするようにしましょう。

 

 

特典は、質も重要ですが、量を多くするほうが魅力的に映る傾向にあります。

 

 

なので、できる限り沢山特典があったほうが良いのですが、数を多くしようとするあまり、メイン商品と関係のないものを特典としている人も、たまに見かけます。

 

 

例えば、稼ぐ系の商品がメインなのに、ナンパや恋愛のマニュアルが特典についている等ですね。

 

こんなのは、他の人の特典を使いまわしているのがバレバレですし、なんの魅力もない訳です。

 

 

「数をつけりゃいいってもんでもない」ということですね。

 

 

特典は、「特典だけでも売れるもの」もしくは、「メイン教材の欠点を補うもの」である必要があります。

 

 

すごく良い教材でも、抽象度が高かったり、重要な部分が抜けていたりすることって、結構あります。

 

 

例えば、「ワードプレス集客」という教材があるとします。

 

 

すると、いきなりテクニカルな話をされても、全くのど素人にとっては、再現が難しい訳です。

 

であれば、特典として「サーバーの契約方法」「独自ドメインの取得方法」などを特典として、わかりやすく解説してあげれば、初心者の方にとっては、非常に喜ばれる訳ですね。

 

もしくは、コピーライティングに関する教材なのであれば、「ブログアフィリの方法」や「メルマガアフィリの方法」なども特典にできますよね。

 

 

ライティングやマーケティングといった、ネットで稼ぐ為に必要不可欠なスキルは、意外とその使い方がわからない人も多いので、コンサルティングとの相性も良いのです。

 

 

なので、最初は特典としてコンサルをして、後々コンサルを単体で販売していくという流れも作りやすいですね。

 

 

サポート特典は、リピート客を構築するチャンス

 

多くの場合、特典は販売本数を増やす為の位置付けとして、考えられる事が多いです。

 

なので、ほとんどのアフィリエイターが、サポートなどを付けたがらない傾向にあります。

 

 

要するに、「売ったら終わり」な訳ですね。

 

 

 

しかし、サポートがついていることは、購入者側からすると、不安を解消できてとても安心感を感じる要素ですので、購入する明確な理由になります。

 

確かに、サポートは手間と労力がかかりますので、毎日何本も売れていくような状態なのであれば、なかなか厳しい部分もあります。

 

 

しかし、特に初期の段階では、こういった面倒なことを率先して付けていく事が大切です。

 

それに、サポートに満足してくださった方は、リピートして商品を購入してくださったり、そのままクライアントにあるって場合も少なくありません。

 

 

なので、初期の実績があまりない段階では、面倒臭がらずに、チャンスと考えて積極的に取り入れていきましょう。

 

ちなみに、サポートは、メールサポートよりも、SkypeやLineなどを使った通話サポートの方が価値を感じられやすいです。

 

 

やはり細かい部分は、文章では表現しにくい場合もありますので、音声の方が結果的に早く問題を解決できる場合も多いです。

 

 

さらに、実際に販売者と会話できるというのは、非常に大きな安心感を与え、ファン化しやすいという利点もあります。

 

 

今日お話しした内容を意識して、工夫してみてくださいね。