今回は、インフォトップにアフィリエイター登録し、独自特典をつける方法を解説した動画講義となります。

 

それでは、動画をご視聴下さい。

 

 

情報商材をアフィリエイトするなら、ここ!

こんにちは、児玉です。

 

アフィリエイトできる商品を探すためには、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に、アフィリエイター登録する必要があります。

 

ASPは個人で運営している人も多いので、探せばいくらでも見つかると思いますが、情報商材をアフィリエイトするのであれば、「インフォトップ」には、必ず登録しておきましょう。

 

 

インフォトップは、業界でも最大手のASPで、多くの情報商材が並んでいます。

 

 

僕自身は、インフォトップに商品を掲載した事は、今はまだないのですが、掲載される為には、非常に厳しい審査をクリアする必要があるそうです。

 

 

「インフォトップに掲載されている=厳しい審査をクリアした、有料教材」という安心感もありますので、アフィリエイターとしても非常に紹介しやすいですね。

 

 

そして、インフォトップに並んでいる商品を、あなたが販売する際には、「独自特典」をつけることもできます。

 

 

もちろん、特典をつけなくても、アフィリエイトする事は可能なのですが、多くのライバルが「同じ商品」を紹介している訳なのですから、他者と「差」をつける為にも、魅力的な特典があった方が、当然商品は売れやすいです。

 

なので、あれこれと色んな商品をアフィリエイトするよりも、一つに絞って魅力的な特典を用意した方が、断然稼ぎやすいので、ぜひ特典を作るということにも、チャレンジしてみて下さい。

 

 

ちなみに、情報商材というと、「怪しい」「詐欺」というイメージを持たれる事は未だに少なくないですが、「そもそも情報商材」とは、より具体的なノウハウを音声や動画、PDFにまとめて販売している電子書籍のことです。

 

 

例えば、一般人が書籍を販売しようとするのって、すごく敷居が高いじゃないですか?

 

〇〇出版というような、出版社に依頼すると、それだけで多額の資金が必要になりますし、売れなければ在庫(赤字)のリスクもあります。

 

それに、出版社のイメージを損なわないためにも、「こんなキーワードは使っちゃダメ!」などという規制があったり、販売本数を意識すると、どうしても広い層をターゲットとしなければならない為、抽象的な内容になりがちです。

 

 

一方で、音声や動画などは、誰でも簡単に作る事ができます。

 

それに、一度作ってさえしまえば、無限に複製できる訳ですから、在庫を抱えるリスクもありません。

 

 

さらに、ネットを使う事で、よりターゲットを絞った商品を作る事が出来るので、再現性のある内容を作る事ができるのです。

 

 

しかし、再現性が高い事は大きなメリットなのですが、その反面、高額となる事がデメリットです。

 

 

商品にもよりますが、1万円〜3万円程度が相場です。

 

 

書店で並んでる本は大体、千円程度、高くても二千円程度だと思いますので、一般的に見るとかなり高額に感じますよね。

 

 

なので、爆発的に販売するのが難しいという事も言えます。

 

 

しかし、その一方で、情報商材のアフィリエイト報酬は非常に高いという点は、大きなメリットでもあります。

 

例えば、2万円のアフィリエイト報酬の商品を、2日に一本売れば、それだけで月収30万円となります。

 

 

確かに物販などと違って、情報商材は高額だし、売りにくいというデメリットはありますが、販売本数が少なくても大きく稼げる「情報商材アフィリエイト」は、挑戦する価値は十分にありますね。

 

ネットビジネスで大きく稼いでいる人の9割は、情報商材をアフィリエイトしたり、独自の商品を作って販売していますので、ぜひ積極的に挑戦していきましょう。

 

 

 

児玉