今回は、無料オファーアフィリエイトを解説した動画講義となります。

 

それでは、動画をご視聴下さい。

 

 

無料オファーアフィリエイトとは?

こんにちは、児玉です。

 

「商品を売る必要がないアフィリエイト」をご存知でしょうか?

 

 

自身の商品を販売したり、他人の商品を販売して、報酬を得るのが一般的ですよね?

 

しかし、無料オファーアフィリエイトでしたら、「売る」という行為をする必要はありません。

 

 

無料オファーアフィリエイトでやることは、他人のメルマガを紹介するだけです。

 

 

あなたの紹介によって、メルマガに登録された数×報酬額を受け取ることができます。

 

 

例えば、一件登録につき、300円が支払われるということでしたら、

 

10人に紹介すれば、3000円が報酬になります。

 

 

この報酬額は、大体300円〜500円程度が一般的ですが、

 

ガンガン紹介している人には、特別報酬額が設定されることがあります。

 

 

例えば、「あなたは、ガンガン紹介してくれてるから、一件1000円支払います!」

 

というようなオファーが来る場合があるということですね。

 

 

この、無料オファーは、自己アフィリエイトの次に、初心者が稼ぎやすいアファイリエイトです。

 

 

なぜなら、メルマガ登録は基本的には「無料」なので、登録する側としても、

 

「とりあえず読んでみるか。」という気持ちになりやすいからです。

 

 

なので、まだ経験が浅いうちは、無料オファーから初めてみるのも良いでしょう。

 

 

無料オファーで報酬が発生する仕組み

 

「無料のものを紹介してるのに、なんでお金がもらえるの?」

 

もしかすると、あなたもこのような疑問が湧いているかもしれませんね。

 

 

その疑問に対する答えは、「販売者はお金を使ってでも読者を集めるメリットがあるから」です。

 

 

リストマーケティングを仕掛けていく上で、リスト(メルマガ読者)というのは、資産です。

 

 

リストを集め、リストを教育し、リストに販売していく。

 

この王道とも呼べる流れを実現させるのも、リストがたくさんあって初めてできることです。

 

 

今や、1リストの価値は、1000円以上とも言われています。

 

つまり、お金を使って読者を集めようとすると、100リスト集めるのに10万円ほど必要となる訳です。

 

 

「そんなにお金を使ってまで、リストを集める価値があるのか?」ということですが、

 

販売者の実力次第では、何倍ものリターンを受け取ることができます。

 

 

例えば、1リスト集めるのに1000円必要だとして、10万円使って100人のリストを集めたとします。

 

 

そして、その100名のうち、10人が販売者から2万円の商品を購入したとすると、

 

2万円×10人 = 20万円

 

となり、10万円の利益となるわけです。

 

 

このような、お金をかけてリストを集め、さらにお金を稼ぐ。

 

 

そして、稼いだお金でさらに多くのリストを集めていく。

 

 

このようにして、「お金を使ってリストを集める」という視点は、

 

リストマーケティングを仕掛ける上で、重要な視点です。

 

 

さらに、最初のオファーで購入しなかったリストに対しても、

 

リストが自ら読者登録を解除しない限り、何回でもオファーをかけることができます。

 

 

なので、リストを集めるためにお金を使っても、余裕で回収ができるのです。

 

 

最初のうちは、リストが集まっても思うような売り上げが出ないと思いますので、

 

いきなり多額の資金を投資して、リストを集めるのは危険だと思いますが、

 

ゆくゆくは、あなたも「お金を使ってリストを集める」という視点を持ってくださいね。

 

 

たとえ失敗したとしても、リストがある以上、何度でもアプローチを仕掛けることができますから、

 

これ以上にリスクのない投資はありませんね。

 

 

「1リスト集まれば、これくらいの利益が出るな〜」というのがわかれば、

 

あとは、マネーゲームです。

 

 

お金をかけて、お金を稼ぐというステージに入っていくと、

 

一気に未来が開けます。

 

 

「メルマガ一通100万円!」なんていう夢物語も、体験できるでしょう。

 

 

しかし、それも実力があってこそのものですので、

 

輝かしいみたいを手に入れるためにも、

 

淡々と、スキルを磨き続けていきましょう。

 

 

無料オファーのデメリット

 

初心者が稼ぎやすく、お手軽な無料オファーですが、

 

唯一のデメリットがあります。

 

 

それは、「自分のリストが取られる」というリスクです。

 

 

販売者は、お金を使って集めたリストに対して、そのお金を回収するためにも、

 

必ず有料商品のオファーを仕掛けます。

 

 

中には、かなり強めのオファーを仕掛ける人もいるでしょう。

 

 

それに対して、不快感を持った読者は、紹介者である「あなた」に対しても

 

信頼を無くす可能性があります。

 

 

それに、リストが紹介者へと流れてしまう可能性も十分にあるわけです。

 

 

なので、無料オファーを流す際には、

 

「読者が紹介されて嬉しいと思う人」を紹介するようにしましょう。

 

 

たとえ、あなたのリストが流れたとしても、

 

「良いもの(価値)を提供する」という感覚さえ持っていれば、

 

必ずリストは集まってきますからね。

 

 

無料オファーには、多少のリスクがあるものの、やはり稼ぎやすいという事実もありますので、

 

まだ実績が乏しいうちなんかは、「リストが取られる・・」とか気にしていても仕方ありませんので、

 

ある程度は割り切って、実際に稼いでいきましょう。

 

 

そして、一刻も早く、自身の商品を販売したり、他人の商品を販売したりといった

 

「有料オファー」へと進んでいけるように努力していきましょう。

 

 

P.S

 

ちなみに、僕は初めから「有料オファー」をしても良いと思っています。

 

 

なぜなら、無料オファーだけでは限界があるし、

 

いつまでも初心者思考でいても意味がないと思うからです。

 

 

どうせいつか有料オファーをするのでしたら、

 

最初から有料オファーの仕組み作りに専念した方が、

 

後々のビジネス展開は一層楽になっていきます。

 

 

有料オファーの方法については、

 

僕がメルマガ読者限定で提供している「THE・MAILNESS」の中でもたくさん解説していますし、

 

僕の企画に参加してくださっている人は、みんないきなり有料オファーで結果を出しています。

 

 

ですから、「無料オファー」は初期段階の経験値を積む程度に考えて、

 

さっさと有料オファーへと進んでいきましょう。

 

 

児玉