今回は、機能的価値についての動画講義となります。

 

それでは、動画をご視聴下さい。

 

 

機能的価値とは?

機能的価値とは、商品の機能性を表す指標のことを言います。

 

例えば、バッグであれば、モノが入るというのが当然持つべき機能性ですよね。

 

 

中でも、本革で丈夫とか、ポケットが沢山付いているといった付加価値があればあるほど、機能的価値が高いという事になります。

 

 

そして、僕たちが扱う情報商材やコンサルティングビジネスであれば、商品を使ったことで得られた「結果」が機能的価値となります。

 

 

なので、結果が出せる商品や情報を提供する事で、機能的価値はどんどん上がっていくという事ですね。

 

 

情報商材は利益率が他のビジネスとは違って圧倒的に高いという大きなメリットがあります。(90%を超える場合も多いです)

 

 

稼いでいる人の多くは、情報商材を上手く扱っている事がほとんどですし、個人で毎月100万、1000万と大きく稼いでいきたいのでしたら最も効率が良いのです。

 

 

しかしその反面、「情報」は目に見えないモノなので、バッグや時計といった「モノ」とは違ってスペックで他者と差別化しにくいというデメリットがあります。

 

 

「うちのカバンは革にとことんこだわっています!実際に目で見て、触って確かめてください!」といった力技が通用しないいのですね。

 

 

こういったことからも、情報商材は初心者向きではないとか、売るのが難しいと言われるのですが、それは情報発信に失敗した人の言い訳に過ぎません。

 

 

なぜなら、情報の機能的価値を魅せるコツは存在するからです。

 

そんなコツについて、ここではお話していきますね。

 

 

 

機能的価値の見せ方

 

機能的価値は次のような魅せ方が一般的です。

 

 

  • 自分の実績
  • コンサル生の実績
  • 圧倒的な無料プレゼント(数量)

 

これらを上手く魅せていく事で、機能的価値を感じさせる事ができます。

 

それでは、一つずつ解説していきます。

 

 

自分の実績

自分が扱う分野における実績というのは、実力を示すためにはどんどん出していくべきです。

 

 

例えば、ダイエットに関する情報を扱っているのであれば、「3ヶ月間で〇〇キロ痩せました!」

 

 

稼ぐ系であれば、「月収〇〇万円稼いでいます!」といったやつですね。

 

 

そして、この〇〇の部分を達成した方法が商品となっていく訳です。

 

 

つまり、「実績を作る→人に教えて更に実績を作る」

 

この繰り返しで徐々に実績を上げていく訳ですね。(僕はこれを段階的成功法則と呼んでいます)

 

 

ダイエット関係の商品を扱うのでしたら、過去と現在の対比写真を載せて、「今はこんなに痩せて、何年もできなかった私に彼氏ができました!」とか、美しいボディラインをSNSとかで出していくと非常に上手くビジネスが回りやすいです。

 

 

僕も、インスタグラムで女性がトレーニング風景とか食事の写真を載せている情報発信者をたまたま見つけたのですが、すでに十分魅力的なボディラインなのに、更に高みを目指して頑張っている姿は非常に好感が持てました。

 

(こっそりその人のメルマガにも登録しています。笑)

 

 

一方で、稼ぐ系の場合は少し注意が必要です。

 

 

「今日は銀座でこんだけ買い物したぜ!(ブランド物の写真)」

 

 

「今日はこれだけ稼げちゃった!(万札を見せつける写真)」

 

 

これも一つのブランディングの見せ方なので否定はしませんが、僕はあまり好きではありません。

 

 

それに、「金」を全面的に押し出すと、単純にギラギラした層の見込み客ばかりが集まってきます。

 

 

そういう人をターゲットとしているのであれば良いのですが、僕はあまり金金しているのは自分の魅せたいブランディングとは違うので、好きでないだけです。

 

 

お金を稼いでいる事をアピールしたいのであれば、高級料理店に行ったとか、ファーストクラスで旅行に行ったとか、さりげなく稼いでいる事を出していくと金金しなくていいと思います。

 

 

なので、自分の求める見込み客にとって魅力的な魅せ方を意識されるといいですね。

 

 

コンサル生の実績

あなたがコンサル型のビジネスを提供しているのであれば、コンサル生の実績は出していきましょう。

 

もしくは、独自商品を販売しているのでしたら、その商品を実践した人の喜びの声や結果ですね。

 

 

自身の商品(コンサルを含む)によって結果を出した人がいるという事は、それだけ商品の機能的価値が高いという事を意味します。

 

 

あなたも外食する際には、食べログとかで高い評価をもらっていたり、誰かがオススメしている店には行ってみたいと思いますよね?

 

 

それと同じで、自分を支持している人の声というのは、自分の商品を買うかどうか迷っている人にとってはすごく安心感を与えます。

 

 

なので、もしそういったお客様の声をいただけるのでしたら、積極的に出していきましょう。

 

 

圧倒的な無料プレゼント

 

ここまで聞いて、もしあなたが0ベースの状態であれば、こう思っているでしょう。

 

 

「何の実績もない場合はどうすれば良いの?」

 

 

実績はないよりも、あった方が圧倒的に良いのは確かです。

 

 

できるだけ実績のあるすごい人から教わりたいと思うのは当然ですからね。

 

 

しかし、実績はなくても全然大丈夫です。

 

なぜなら、実績はいくらでも嘘をつけるし、多くの人は信じてないからです。

 

 

例えば、「月収100万円稼いでます!」って言うのは誰にでもできますし、実際に何年分もの入金履歴を見る事は不可能ですからね。

 

 

結局、実績ってのは不透明な部分なので、偽りの実績を出してもバレないんですよ。

 

 

ネットビジネスで稼いでいると言っている人の中にも、当然嘘の実績を出している人は多く存在するでしょうからね。

 

 

なので、実績は一部の情報弱者と呼ばれる層にしか意味をなさないのが現実なのです。

 

 

では、実績が乏しい人はどのように機能的価値を魅せていくのか?と言う事ですが、それは充実したコンテンツを作り上げる事です。

 

 

もっと言うと、「圧倒的な無料プレゼントを用意する」と言う事ですね。

 

 

一般的に考えて実績があると言う事は、「この人は有益な情報を与えてくれるに違いない!」と思うから、実績を出せば人が集まってくるという訳です。

 

 

しかし、購入者が求めるのは、自分にとって有益な情報をもたらしてくれる人にしか過ぎないのです。

 

 

なので、「嘘でも適当に実績を言ってれば儲かるんだ!」っていう考えは、そもそもの発想が逆で、「有益な情報を与えているから儲かる」のが正しいのです。

 

 

実は、先ほど嘘の実績を言ってもバレないと言いましたが、嘘か本当かはその人の提供しているコンテンツや文章力を見ればすぐに見抜くことができます。

 

 

ですが、初心者にとってはそれが解らないので、あなたが情報弱者層のみをターゲットにするのであれば、有効かもしれません。

 

 

ですが、長い目で見るとそういったビジネスは必ずどこかで行き詰まるので、あまりオススメはしませんね。

 

 

そんな事よりも、「これは凄い!」と言われるような魅力的な無料コンテンツを用意しておけば、一発でブランド化する事ができますし、もはや実績など関係なくなるのです。

 

 

実際、僕が今のメンターにコンサルを依頼した時には、コンテンツを見ただけで「この人本物だ!」って思ってその日に50万円のコンサルを受ける事を決めましたからね。

 

 

なので、圧倒的な無料コンテンツがあれば、実績やライティングスキルなど、全てを無効化することができるのです。

 

 

ですから、実績が乏しいうちからコツコツと魅力的なコンテンツを作成していく事が一番の近道だと思っておいて下さい。

 

 

もちろんいきなり凄いものを作れなくて当然です。

 

僕の代表作である「The・Mailness」も完成までに5ヶ月程度かかっていますからね。

 

 

毎日1つでも動画やブログ記事を作っていれば、半年後には180ものコンテンツになります。

 

 

「塵も積もれば山となる」

 

と言われるように、毎日コツコツと、一歩ずつ前進していけば必ず大きな成果となっていきます。

 

 

最初のうちはアクセスが集まらなくて心が折れそうになると思いますが、正しいマーケティングを組み合わせていけば必ず大きな成果となっていきます。

 

 

最後まで諦めずに取り組んでいきましょう。

 

 

それでは今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。