今回は、動画編集ソフト、カムタジアスタジオの使い方(Mac版)の動画をお送りします。

 

それでは、動画をご視聴下さい。

 

コンテンツビジネス=動画!

こんにちは、児玉です。

 

リストマーケティング×DRMを極めていくにあたり、

 

コンテンツ力というのは、非常に重要です。

 

 

コンテンツというと、

 

ブログ記事やPDFで作成したレポートなども全てまとめて

 

「コンテンツ」と呼ばれるのが一般的です。

 

 

しかし、僕の場合のコンテンツとは、

 

「動画」がメインとなります。

 

 

 

動画マーケティングの最大の特徴としては、

 

ブランド化しやすいという点にあります。

 

 

確かに、ブログ記事を量産したり、

 

PDFレポートを量産すればするほど資産化していくのですが、

 

機械的に文字が並んでいる文章のみでは、書き手の人間性が伝わりにくいのです。

 

 

特に初期段階の、ライティングスキルがあまり高くない状態では、

 

文章のみでブランド化するのは、すごく困難です。

 

 

もちろんライティングスキルは、ネットで稼ぐためには必要不可欠です。

 

 

しかし、いくらコピーライティングスキルを学んでも、

 

実際に文章が上手くなることはありません。

 

 

ライティングスキルは、膨大な量の文章を書いて初めて、

 

身につくものだからです。

 

 

僕自身、初期段階に書いた文章というのは、

 

今見返してみると、あまりのライティングの下手さに、

 

顔から火が出そうになるくらいです。笑

 

(ちなみに、過去に書いた記事のほとんどは消してしまいました。)

 

 

その点、動画であれば、

 

  • 声で人間性が伝わる
  • わかりやすい
  • ライティングスキルが不要

 

これらのメリットは、初心者にとって非常にありがたいものなのです。

 

 

「動画は上級者向き」というイメージが強いかもしれませんが、

 

実際は全くの逆で、むしろ「動画は初心者向き」なのですね。

 

 

喋るのが苦手です・・・

 

メリット満載の動画戦略なのですが、

 

多くの方が

 

「人前で話すのが苦手」

 

「動画は難しい」

 

と感じているのも事実でしょう。

 

 

会社で大勢の前でプレゼンしたりする経験がある人ならばともかく、

 

多くの場合、一方的に情報発信することには慣れていないはずです。

 

 

僕も、そのうちの一人でした。

 

 

実は僕自身も、喋ることはあまり得意ではありません。

 

 

今でも噛んだり、言葉に詰まったり、

 

思うように喋れなかったりすることは少なくありません。

 

 

しかし、光栄なことに、

 

「動画で喋るのが上手いですね!」

 

と言って頂けることも少なくありません。

 

 

それは、なぜか?というと・・・

 

 

撮った動画を編集しているからです。笑

 

僕は、5分の動画を一本撮るとすれば、

 

だいたい15分くらいの収録時間になっています。

 

 

そこから、噛んだ部分や言い直した部分を上手くつなぎ合わせると、

 

だいたい5分くらいになっていくイメージですね。

 

 

全く関係のない話になってしまって、

 

「丸々カット!」

 

なんてことも珍しくありませんよ。笑

 

 

 

そんな、喋り下手な僕が、

 

こうして動画であなたにメッセージをお届けできるのも、

 

動画編集ソフトのカムタジアスタジオがあるからなんですね。

 

 

動画でも解説していますが、

 

カムタジアスタジオは、とても直感的で、

 

非常に使いやすいですし、

 

動画の撮影から編集まで、全てをこれ一つで行うことができます。

 

 

僕は、このツールがなければ、

 

今でも間違いなく動画を撮れていなかったでしょう。

 

 

僕と同じように、動画を撮りたくても上手く撮れない!

 

というような人には、心からオススメできるツールですね。

 

 

ぜひ、ご検討されてみてください!