今回は、「プライシング(値段設定)の考え方」

についての動画講義です。

 

それでは、動画をご視聴下さい。

 

 

 

 

値段は安い方が良い?

あなたは、モノを買うときは何を基準にして判断していますか?

 

質?値段?デザイン?

 

人それぞれ考え方は異なると思いますが

 

ビジネスに置いて、プライシング(値段設定)は

 

非常に重要な要素となってきます。

 

 

ビジネスにおける売り上げとは

 

売り上げ = 販売単価 × 販売本数

 

という簡単な方程式で成り立ちます。

(人件費や仕入れといった細かい計算は省いています)

 

つまり、あなたが月収100万円で良いのであれば、

 

極端な話、100万円の商品が一日一本売れれば

 

残りの29日間は何もしなくても良いのです。

 

なので、自由を目指すのであれば、

 

高単価な商品が売れる仕組み作りが

 

必須となってきます。

 

 

自由を手にする為には?

 

しかし、高額な商品は、当然売る難易度も上がってきます。

 

例えば、コンビニでコーヒーを売るとします。

 

コンビニのコーヒーは100円前後が相場だと思いますので、

 

その中で一本1500円で販売したとしても

 

「たかっ!!」

 

「誰がこんなの買うんだよ!!」

 

ってなる訳です。

 

逆に、高級ホテルのラウンジでは、

 

コーヒー一杯1500円という値段は普通です。

 

高級ホテルに来るような人たちの感覚では、

 

コーヒー一杯1500円という金額は、

 

妥当な金額設定と考えている訳ですね。

 

つまり、値段設定を考える上で必要な事は

 

 

・市場の相場

 

・ターゲット層の相場

 

この二つの視点で考える必要があるという事です。

 

 

例えば、新車を買おうとすると、

 

一台100万円以上が相場ですよね?

 

その中で、「新車が今だけ1万円!!」

 

って言われても、怪しいし買いたくないですよね。

 

僕の感覚では、命を預けるモノにはそれなりのお金を払ってでも

 

信頼できるモノを買いたいと思います。

 

なので、単純に安けりゃ売れる!!

 

というモノでもない訳です。

 

 

しかし、多くの販売者は

 

この点を認識していないので、

 

簡単に値引きをすれば売れると思っています。

 

 

薄利多売戦略は一つの考え方ではありますが

 

個人でできるサポートには限界がありますので、

 

売れば売るほど、自分の首を絞めることになり

 

自由を手にするどころか、逆に不自由になってしまうのです。

 

 

なので、高単価ビジネスを構築することが自由への必須事項となります。

 

 

そのため、商品の質を高めることはもちろんですが

 

ブランディングを高めたり

 

正しいマーケティング戦略を練る事が必要となってくる訳です。

 

ビジネスが成り立つ方程式とは?

 

値段以上の価値を与えていれば、

 

ビジネスは成り立ちます。

 

 

ここでいう価値というのは、

 

ダイエットで言えば、○キロ痩せれる

 

稼ぐ系であれば、○万円稼げる

 

というような、購入者との約束の事です。

 

 

例えば、ボディメイキングで有名な

 

ライザップは非常に良い例です。

 

 

ライザップは、個別指導により

 

結果にコミットする

 

という約束をしっかりと果たしているから、

 

数十万円もの高額な料金設定なのにも関わらず、

 

超人気となっている訳です。

 

そして、実際に結果が出た!

 

という声があるから、口コミや紹介により

 

さらに人が集まって来る訳ですね。

 

 

冷静に考えてみれば、

 

ダイエットに関する書籍は1000円もあれば買えますし、

 

ダイエットジムに入会しても、1万円前後で済みます。

 

 

これだけダイエットに関する情報は簡単に手に入るのですから、

 

理論的に言えば、痩せられない訳がないのです。

 

 

しかし、現実はそう簡単ではないですよね?

 

 

だからこそ、痩せたいという願望を持つ人が尽きる事はないし、

 

ライザップのような高額なビジネスにも需要があるのです。

 

 

ここで話を戻すと、

 

高単価ビジネスを成り立たせる為には、

 

結果を出させる(約束を守る)

 

事が必要不可欠だと言えます。

 

 

 

ライザップが結果にコミットできる理由

 

ここまでで、高単価ビジネスが成り立つ仕組みについて解説してきました。

 

その仕組みとは、

 

約束した結果を出させること

 

でしたよね?

 

 

では、ここで質問です。

 

 

なぜライザップは結果を出させることができるのでしょうか?

 

 

ライザップ独自の

 

禁断のサプリメントがあるから?

 

通うだけで痩せれる魔法のようなノウハウがあるから?

 

 

答えは、購入者が本気になれる金額を受け取っているからです。

 

 

購入者は、数十万円もの大金を支払っているからこそ

 

意地でも痩せてやろう!と思っているし

 

必死になれる訳です。

 

そこで、ライザップが

 

1万円とかの値段設定にしていては、

 

購入者も本気になれないし、

 

すぐに挫折するでしょう。

 

 

そうなってしまっては、

 

ライザップは結果にコミットする事が出来ないし

 

約束を守れないのですから、ビジネスは成り立たなくなります。

 

 

つまり、

 

ライザップ(販売者)としても損をするし、

 

購入者としても望むような結果が出ないのですから、

 

損をする訳です。

 

 

Win_Winでなくなった瞬間に、

 

ビジネスは破滅の道へとまっしぐらとなる訳ですね。

 

 

正しい料金設定とは?

 

ここまで読んで下さった

 

あなたは、もうおわかりですよね。

 

 

正しい料金設定。

 

 

それは、見込み客が本気になれる値段設定

 

これが、正しいプライシングの考え方なのです。

 

 

どれだけ良い教材を作ろうが、

 

どれだけスキルのあるコンサルタントであろうが、

 

結局は、購入者が本気で行動してくれなければ

 

結果を出させる事は出来ないのです。

 

 

言い換えると、

 

安易な値引きをしたり、

 

無料にこだわる事は、

 

購入者を見捨てるのと同じ事なのです。

 

結果を出させたいのあれば、しっかりと相手からコミット(お金)をいただく。

 

そして、その頂いたお金以上の価値を与える。

 

 

この思考を持ちましょう。

 

 

そして、当然ながら

 

あなたが購入者の立場でも同じです。

 

 

本気で結果を出したいのであれば、

 

しっかりと自己投資しましょう。

 

 

他人には、「自己投資が重要!!」

 

なんて言っときながら、

 

自分は自己投資してないなんて最低ですし、

 

そんな人は、ビジネスをする資格はありません。

 

 

時間は有限なのですから、

 

必要なツールや教材にはしっかりとお金を払って買う。

 

 

そして、余った時間で価値を創造し続ける。

 

 

こうして僕たちは、自由を勝ち取り

 

人から感謝されるビジネスを目指していきましょう。