1ヶ月間PPC広告とYDN広告でリスト取りに挑戦してみました!

 

ここ最近の約1ヶ月間

 

PPC広告とYDN広告からの

 

メルマガリスト取りについて実験してみました。

 

 

検証した結果、これから先のリスト集客戦略について

 

かなり具体的に見えてきたので、

 

ぜひ最後まで読み進めて下さいね!

 

PPC広告とYDN広告ってそもそも何??

 

PPC、YDN広告というのは、

 

Pay Per Click広告の頭文字をとった略語で

 

クリック課金型の広告です。

 

 

YDNもPPCと同じ

 

クリック課金型広告なので、

 

YDNはPPCの一部であり、

 

 

広告掲載方式や表示される場所が

 

違うんだってくらいの認識で大丈夫です。

 

実験してみた結果、、、

 

で、結果はどうだったのか?というと、、、

 

見事に惨敗でした。笑

 

 

「何円損した!!」

 

ってことではなく、

 

そもそも広告の審査に通らなかったんです。。。

 

 

 

今回検証したのは、

 

yahoo!スポンサードサーチと

yahoo!のYDN広告です。

 

 

Googleアドワーズについては、

yahoo!よりも審査が厳しいと聞いていたので

今回は実践していません。

 

 

今回僕が出稿しようとした広告ジャンルはというと

 

ズバリ、稼ぐ系です。

 

 

稼ぐ系はもともと僕が得意分野としているので

 

普段使っているLPをそのまま審査に出しました。

 

 

そのLPがこれです↓↓↓

 

審査に出したLP

 

 

yahoo!広告担当者に審査落ちになった理由を聞いてみた

 

まぁ最初から一発で通るとは

 

思っていなかったので、最初の審査落ちは

 

想定内でした。

 

 

気になるのは、稼ぐ系でもPPC広告は出せるのか?

 

といった点です。

 

 

そこで今回、審査落ちになった理由を

 

広告担当者の方に直接電話で聞いてみました。

 

 

yahoo!プロモーション広告の場合、

 

審査落ちになる原因や引っかかっている箇所を

 

かなり詳しく、それも無料で教えてくれます。

 

 

僕がお話した方も、とても親切で

 

対応としてはかなり満足度が高いものでした。

 

 

しかし、このデメリットとしては、

 

広告落ちになった理由は、一回の質問につき

 

一度しか教えてくれない事です。

 

 

つまり、引っかかっている箇所が複数個ある場合、

 

何回訂正して再審査に出しても

 

審査に落ちてしまうのです。

 

 

それに、広告担当者に直接電話で質問できるのは

 

平日の18時まで、と限られていますし、

 

再審査に出してから結果が出るまでに

 

1日はかかります。

 

 

 

さらに、土日は審査する人がいないので

 

基本的に広告の審査もストップします。

 

 

つまり、土曜日に広告審査に出した場合、

 

早くても来週の月曜日以降にしか回答が来ない

 

という事です。

 

 

稀に審査なしで広告掲載される事も

 

あるみたいなのですが、僕の場合は

 

数日後に広告不掲載にステータスが代わり、

 

 

1日間は広告掲載されたけど

 

すぐにまた掲載されなくなりました。

 

 

広告を出しては審査に落ち、

 

審査に落ちては質問して修正して再審査に出し、

 

再審査に出しては広告落ちし、、、、

 

 

 

という、地獄の無限ループに陥っていました。笑

 

なぜ稼ぐ系は広告審査に落ちるのか?

 

 

最終的に、

 

・情報商材はNG

 

・体験談(ストーリー風)はNG

 

という事でした。

 

 

Yahoo!側の主張としては、

 

本当に結果が保証されているかどうか

 

微妙であり、購入者(今回はメルマガに登録した人)が

 

不利益を被る可能性が少しでもあるものは

 

全てNG。という事です。

 

 

 

確かに、昨今の無料オファーとかで

 

爆発的にリストを集めている人のLPを見ると

 

 

お客様がこんなに稼げました!

 

 

動画が始まり、涙ながらに感謝の思いを販売者に語る

 

 

あなたも彼みたいになれますよ!!

 

 

みたいな、まるで茶番劇をよく目にします。

 

 

挙句の果てには、

 

無料のメルマガに登録すると

 

「お金あげます!!」とか、

 

言っている人もいますからね。

 

 

僕は基本的にこう言った類のものは

 

全部詐欺だと考えているので、

 

本当にお金がもらえるのかもしれないです。

 

 

 

ですが、最近この手のローンチをしている人の

 

無料オファーは、マジでやばいらしいですね。笑

 

 

聞いた瞬間、

 

「え、思いっきり詐欺じゃん。笑」

 

って思いました。

 

 

もはやモラルもクソもない時代なのですから、

 

Yahoo!やGoogleも慎重になるのは無理もありませんね。

 

 

そんな広告を掲載してしまっては、

 

「GoogleやYahoo!が詐欺師の片棒を担いでる!」

 

と思われても仕方ないですし、

 

 

広告を掲載する側としてもそんなリスクを

 

追う必要はないですよね。

 

 

僕らのように、真っ当に情報ビジネスを

 

している側からすると、超迷惑な話ですが

 

 

GoogleやYahoo!の広告担当者が何日もかけて

 

広告の依頼主の商品やサービスなどを見る訳も

 

ありませんし、

 

 

そんな面倒な事をするよりも、

 

稼ぐ系情報商材=NG

 

としてしまうのは当然ですね。

 

 

リスト単価が高騰している今考えるべき事

 

ここ最近は、リスト単価(メルマガ読者1人を獲得するのに必要となる広告費)

 

が高騰し、今ではだいたい2000円程度と言われています。

 

 

ひと昔前まではそもそも広告を打つ人自体が

 

少なかったものですから

 

1リスト300円〜500円くらいで

 

バンバン集める事ができました。

 

 

なので、正直実力が低かったり、

 

商品の質が悪かったとしても

 

なんとなく稼ぐ事ができたのです。

 

 

そんな時代に成功した人たちが

 

その実績を利用して、

 

今教える立場となり、

 

古臭くて使えないノウハウを教えている

 

ものですから、本当に厄介なのです。

 

 

僕の情報に触れている人たちは

 

情報リテラシーの高い人たちばかりなので

 

問題ないと思いますが、

 

 

「誰でもスマホをポチポチするだけで稼げるよ!!」

 

 

みたいなうたい文句には

 

絶対に惑わされないようにしましょう。

 

 

そんなノウハウは全く稼げないか、

 

少し時間が経てば稼げなくなるような

 

一過性のものでしかないので。

 

 

しかしこれは、逆に言えばチャンスなのです。

 

 

なぜなら、実力のない人や

 

詐欺まがいな事でしか稼げないような人は

 

バンバン稼げなくなる訳なので、

 

 

良質な情報を集めてコツコツと

 

コンテンツを作っている人や、

 

 

コピーライティングを学んでいる人が

 

必ず勝ち残る時代だからです。

 

 

先ほどリスト単価が高騰している

 

お話をしましたが、

 

 

僕としては、リスト単価の高騰自体は

 

そこまで問題ではないと思っています。

 

 

しっかりとしたノウハウで、仕組みを

 

作っていけば、1リストあたりの単価は上げていく事ができます。

 

 

なので、1リスト集めるのに3000円かかったとしても

 

1万円回収できるようになれば、利益を出すことは余裕です。

 

 

しかしながら、今回の実験でわかったように、

 

そもそも広告を出稿すること自体が難しくなっている事も

 

また事実であり、そこが厄介なところなのです。

 

 

そこで、今後のリスト集客において

 

重要なポイントは、以下の2つだと考えています。

 

今後のリスト取り戦略として重要な2つのポイント

 

オウンドメディアを強くしていく

 

まず一つ目が、

 

自分独自の集客媒体をより強くしていくことです。

 

中でも、

特に僕が重要視するべきだと思うのが

ブログ、YouTubeですね。

 

と言うのも、

SNSや広告は

他者に依存した媒体なので、

 

アカウントの権限が自分にはない状態です。

 

つまり、今はOKでも

数ヶ月後、数年後に規制がかかってNGと

なる可能性は普通にありえると言う事です。

 

まぁ僕らのようなビジネスモデルであれば

アカウントが消される事はなかなかないと思いますが

 

 

SNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)

は結構危ないです。

 

実際に、僕自身もTwitterのアカウントは

謎に凍結されてログインできなくなった事がありますし、

 

僕の知り合いにも

FacebookやInstagramのアカウントが

消されてしまった人は少なくありません。

 

YouTubeに関しては

そもそも親会社であるGoogleが

 

 

テキスト(文章) → 動画

 

に移行してきているだけなので、

 

Googleの検索エンジンが稼ぐ系の情報発信をNGと

 

しない限りは、

 

「ビジネスアカウントを禁止します!」とは

ならないと思います。

 

 

というか、そうなってしまえば

 

ネットビジネスのみならず

 

今ネットを通じて集客している企業や個人事業主の

 

9割が大ダメージとなるので、

 

それはないと断言しても良いでしょう。

 

(ただし、パクリ動画や転載動画をアップして

アドセンスで稼いでいる人は例外です。)

 

 

なので、僕はYouTubeは

ブログやメルマガのように

自分自身の独自媒体として考えています。

 

 

もちろん、仮にTwitterが

ビジネスアカウントを禁止したとしても

 

代替えとなる第2、第3の

媒体は生まれてくると思います。

 

さらに、SNSからの集客は

即効性も高く、

 

 

ある程度ブランディングができた

状態でリスト化してもらえるので、

うまく活用するに越した事はありません。

 

 

 

しかし、そんなイタチごっこのような

ことに全力を注ぐよりも、

 

 

コツコツと資産化していく事に

時間と労力を費やした方が、

後々絶対に有利になる事は間違いありません。

 

僕が言いたいのは、

SNSや広告がダメ!!って事じゃなくて

 

どんな状況になってもいきなり0になるような

不安定なビジネスモデルからは

少しずつ脱却して、

 

短期的な計画と長期的な計画を

分けて考えるべきであり、

 

オウンドメディアを育てる事が

重要だと言う事です。

 

 

最新の広告情報が常に入ってくる環境に身を置く

 

そして2つ目が、

最新の広告情報が

常に入ってくる環境に身を置く事です。

 

一つ目の戦略では、

オウンドメディアを育てる事の重要性を

お伝えしてきました。

 

なので、この2つ目は一見すると矛盾している

 

ように思うかもしれませんが、

 

 

僕は広告集客を否定している訳ではなく、

 

むしろ、「広告をうまく使えるかどうか」が鍵になってくると

 

思っています。

 

 

ネットビジネスでも、リアルビジネスでも

 

ほぼ全員が集客に悩んでいるのです。

 

 

例えば、マクドナルドなどは

 

かなりの知名度があるので、

 

何もしなくても集客はできるはずです。

 

 

しかし、テレビCMなどの広告費として、

 

年間何百億円もの広告費を毎年投下しています。

 

 

つまり、ビジネスにおいて広告集客というのは

 

それだけ重要なポイントであり、売り上げに繋がる

 

重要な要素だという事です。

 

 

ネットビジネスにおいての集客は、

 

主に

 

検索エンジン、SNS、広告

 

の3つに分類されます。

 

 

細かく言えば、

 

バイラルマーケティング(口コミ)や無料レポート戦略

 

なども含まれるのですが、

 

 

真っ先に取り組むべきなのは、

 

まずは上記の3つです。

 

そして、

 

何か1つにこだわるのではなく、

 

上記3つ全てをやることが重要だとも思っています。

 

 

それぞれの集客媒体において、

 

個人によって向き、不向きがあったり、

 

資産化する、しない等の特性があります。

 

 

なので、まずは無料集客にとり組んでみて、

 

ある程度収入源を確保するのが良いと思います。

 

 

僕のオススメする目安としては、

 

だいたい10~30万円程度無料集客で稼げるようになったら

 

広告集客、つまりお金をかけて集客する

 

という事を考えるといいと思います。

 

 

ただし、お金に余裕があるのでしたら

 

最初から広告もありです。

 

 

というか、むしろ広告を打つ事によって

 

メルマガのクリック率やステップメールの成約率など

 

いろんな事がわかるので、できるだけ早い段階で

 

挑戦していきたいところですね。

 

 

しかし、

 

ここで一つ注意しないといけないのが

 

広告を打つ際にはかなり注意が必要です。

 

 

というのも、広告を打つということは、

 

先にお金が出ていくということです。

 

 

つまり、赤字になるリスクがあるということですね。

 

 

なので、自分の財政状況と合わせて考えてみて、

 

少額投資でテストをすることをオススメします。

 

 

また、広告は「鮮度が命」

 

だという事も覚えておきましょう。

 

 

例えば、SNSやSEO(検索エンジンで上位表示させる方法)の

 

ノウハウなどは、ある程度不変的なノウハウとして

 

確立されているものも多いです。

 

 

 

しかし、広告の場合は、

 

完璧なノウハウはこの世に存在しません。

 

 

というのも、

 

「この広告が良いよ!!」って

 

誰かが言ってしまうと、

 

美味しい広告には一瞬にしてライバルが飽和し、

一気に広告単価が上がったり、

使い物にならなくなったりするものです。

 

(広告文やLPの内容にもよりますが)

 

なので、広告は魚と同じように

 

鮮度が命なのです。

 

 

 

一般的に広告ノウハウが表には

出回らないのも、これが理由な訳ですね。

 

 

 

 

なので、

 

実際に広告を運用している人の

 

生の実験データというのは、とても貴重な事なのです。

 

 

なので、もしあなたが

 

広告集客にチャレンジしたい(もしくはしている)

 

のであれば、最新の広告情報が

 

自然と集まる環境に身を置く事をオススメします。

 

 

環境というのは、

 

例えば、有料コミュニティや塾、コンサルなどですね。

 

 

基本的に無料では中々良い情報に

 

たどり着く事ができませんので、気をつけてくださいね。

 

ところで、こんなコミュニティ面白くないですか?

 

今回僕は、あえて

今流行りのFacebook広告などではなく

PPCからのリスト取りに挑戦してみました。

 

その理由はと言うと、

僕の周りにはFacebook広告で集客できている人は

いるけれど、

 

PPCからの集客をしている人がいなかったので、

稼ぐ系は厳しいと言われているPPCから

リスト取りする事ができれば、

 

「他人と違った価値ある情報発信が

できるのではないか?」

と思ったからです。

 

まぁ結果的に失敗に終わった訳ですが、、笑

 

 

でもこうして、

僕の読者さんは、最新のPPC事情を知る事が

できている訳じゃないですか?

 

僕みたいに1ヶ月もの時間を無駄にせず、

1円のお金も損せずに、です。

 

今回は失敗でしたが、

これが成功していたとして、

 

ライバル不在の格安広告で

バンバン集客できる方法が判明して

その情報が入ってくるとしたら、どう思いますか?

 

成約率抜群のメルマガ広告(号外)を

発見したとして、

その情報をこっそりと知る事ができたら?

 

多少お金を払ってでも

知りたいと思いませんか?

 

 

 

僕は、将来的に

「広告研究グループ」のような、

 

超秘匿性の高い少人数制コミュニティを

作るつもりです。

 

 

それも実際に広告を打った人にしかわからない

超具体的で、確実性がある情報のみを交換する

コミュニティです。

 

 

もちろん、門外不出。

 

 

無料で公開など絶対にしない。

 

 

あくまでもコミュニティメンバーだけが

こっそりと甘い蜜をチューチュー吸う為だけのものです。

 

 

これにより、メンバーが

どれだけの時間とお金が節約できるのか、、、

 

 

考えただけでも
ワクワクして眠れませんね。笑

 

水面下でひっそりと計画中の
このコミュニティが発動する際は、

僕のメルマガ読者さんの中でも
特に勉強熱心な方だけにお声かけするつもりです。

 

 

無料コミュニティにするかもしれませんし、

 

有料にするかもしれませんし、

 

何かの特典にするかもしれません。

 

 

一番ベストな方法を考え中ですが、

もし少しでも興味がおありでしたら

以下のリンクからメルマガ登録を済ませておいて下さいね。

 

 

↓↓↓

 

メルマガに登録しておく

 

 

それでは、また!

 

児玉