コンサル生に行動させるのも、コンサルタントの仕事!

モチベーションというのは、人が行動するための原動力です。

 

どれだけすごい人でもモチベーションが低ければ行動はできませんし、

行動できないという事は、どんなビジネスでも成功できないのです。

 

つまり、コンサル生が高いモチベーションを維持できるかどうによって、

クライアントの成果は変わってくるのです。

 

 

しかし、多くのコンサルタントは、

 

行動しない奴が悪い!

 

稼げなくて当たり前だ!

 

と言います。

 

確かにこれはごもっともなのですが、

これはコンサルタントが絶対に言ってはいけない言葉です。

 

 

コンサルタントとしての仕事は、どんな事があってもクライアントに成果を出させることです。

 

だったら、コンサル生のモチベーションを維持させるのも、

コンサルタントとしての重要な仕事の一つなのです。

 

 

クライアントに責任を押し付けるコンサルタントほど

無能であり、ダメなコンサルタントだと心得ておきましょう。

 

 

では、今回は

どうやってコンサル生のモチベーションを維持させるのか?

 

という点について、解説していきます。

 

まずは、動画をご視聴ください。