今日は、

これから就職or転職を考えている人の為に、

高確率で採用される方法をお伝えしましょう。

 

 

その方法はと言うと、

「企業が求める人物像になりきる事」です。

 

 

採用試験に何十社も落ちてしまう人の特徴としては、

自己PRをテンプレート化して丸暗記し、どの会社でも同じ事を言っている傾向があります。

 

 

しかし、

会社にはそれぞれ、企業理念や今後のビジョンがあり、それに沿った人間を採用したいと思っています。

 

 

(これらの情報は、

企業の採用ページや会社概要に記載している場合が多いので、すぐに解ると思います。)

 

 

なので、

これらの情報から逆算して、

 

「こいつはうちが求める人間だ!」

 

と納得させれるだけの材料(過去の経験や思想など)を考えて、

都合の良いように自己PRすれば高確率で通過できます。

 

 

さらに、

面接は自分の発言を元に質問を投げかけられるパターンがほとんどなので、

何を発言するかさえ準備しておけば、大体の質問には答えられます。

 

 

つまり、自分の都合の良いように、面接官を誘導できるのです。

 

 

ちなみに僕はいわゆるFランと言われるレベルの大学に通っていましたが、

 

 

東証一部上場、社員数5000人以上の大企業4社のうち、2社から内定を頂きました。

 

(4社のうち1社は途中事態です。)

 

 

しかし僕は、

この方法はオススメしません。

 

なぜなら、元々マッチングしていない会社に無理やり合わせていく訳なので、入社後も偽りの自分を貫き通さないといけないからです。

 

 

すると、当然不満やストレスが生じ、すぐにでも転職を繰り返すハメになる可能性は高いです。

 

 

ましてや

今後定年まで働くつもりなのでしたら、尚更本音を語り、自分に合った会社を選ぶべきです。

 

 

まぁ企業理念とかって、

株主に対して良いように見せる為にあるようなものなので、

そもそも自分に合った会社を見極めるのは至難のワザですけどね。

 

 

ですから僕個人としては、

そんなイタチごっこのような事に労力を注ぐより、

自分自身の魅力を上げて、相手から求められる人間になる事を

目指した方がよっぽど賢明だと思っています。

 

 

 

そうすれば、

就職するにしても、起業するにしても、

一生食いっぱぐれる事は無くなるでしょうし、

むしろそうならないと真の「安定」は手に入りません。

 

 

日本を代表するような大企業でも簡単に倒産したり、買収されたり、

会社は無くならないとしても

簡単に社員をリストラしてくるような時代なので、

 

 

大企業 = 安定

 

 

という概念自体が幻想に過ぎないですからね。

 

 

P.S

たまに食べたくなる肉ニラ定食を食べてきました。

 

 

1人の時はカウンターに座り、料理の工程を眺めるのが好きなのですが、

腰が90度に曲がってるご主人が

作ってる姿を見ると、より一層美味しく感じますね。

 

 

1日でも長く、美味い料理を作り続けて欲しいものです!